ナイシトール 副作用

ナイシトールは脂肪の分解や燃焼を助ける効果がありますね。しかし、ナイシトールを服用して「副作用がでた」という声を聞くことがあります。ナイシトールの副作用と控えたほうがいい人とはどのような人なのかを調べてみました。
MENU

ナイシトールの副作用に注意!服用を控えたほうがいい人とは?

<ナイシトールを服用して副作用があった人の口コミ>
【口コミ@】
ナイシトールを使用して1ヶ月経ちました。

 

お腹が膨満感ぎみになり、仕事中にもお腹からゴロゴロと音が鳴ります。

 

また、軟便ぎみなりトイレの回数が多くなりました。

 

結果としてはとくに食事制限もしていないのに2kg減量できたのでよかったのですが、副作用が結構つらいですね。

 

【口コミA】
少しでも体重を減らしたくてナイシトールを購入しました。

 

服用したところ腹痛になり、あまりにも痛かったので2回飲んでやめてしまいました。

 

もともとお腹が弱いので強く副作用がでてしまったのだと思います。

 

【口コミB】
ナイシトールを飲んでからお腹が緩くなり、下痢と便秘の副作用が交互にきてとても大変でした!

 

健康診断を受けて肝機能が低下していたので肝機能障害の不安から飲むのをやめました。

 

2ヶ月飲んでいましたが、まったく体重は減らなかったので残念です。

 

【口コミC】
会社の健康診断にひっかかってしまったので購入しました。

 

もともと便秘ぎみだったのが下痢になり、腸にガスが溜まってお腹がパンパンに張りました。

 

とりあえず3ヶ月飲み続けたのですが体重も体型もまったく変化はなかったのでショックです。

 

 

<ナイシトールの危険な副作用>
副作用があった人の口コミでは「下痢になった」「お腹が張る」「腹痛になる」「肝機能低下」といった症状がでていますね。

 

実際にどのような副作用がでる可能性があるのか、まとめました。

 

〜皮膚〜
発赤・湿疹・かゆみ

 

〜消化器〜
吐き気・嘔吐・胃の不快感・腹部膨満・腹痛・下痢

 

〜その他〜
めまい・動悸・発汗・頭痛・むくみ

 

以上のような症状が現れた場合は、服用をやめてナイシトールの添付文書を持ってかかりつけの医師に相談するようにしましょうね。

 

【重篤な症状をともなう副作用】
ごくまれではあるのですが、重篤な症状をともなう副作用がでる可能性もあります。

 

〜間質性肺炎〜
主な症状は空咳や息切れです。

 

息切れは病状が進行すると、着替えといった日常生活の動作にも支障がでることがあります。

 

〜偽アルドステロン症〜
しびれ・震え・筋肉痛・手足がだるい

 

〜肝機能障害〜
発疹・発熱・食欲不振・倦怠感・尿が褐色になる・皮膚や白目が黄色になる

 

以上のような症状が現れた場合は、速やかに服用をやめて医師に相談するようにしてください。

 

 

<ナイシトールの服用を控えたほうがいい人とは>
ナイシトールを服用するにあたり、以下のような人は注意が必要です!

 

副作用が強くでる場合があります。

 

・もともと下痢をしやすい
・胃腸が弱い
・体力がない
・高齢である
・汗っかきである

 

このような人はナイシトールが体質的に合わない可能性が高いですよ。

 

また、妊娠中や授乳中、肝臓に疾患がある、高血圧があるという人などは医師に必ず相談して自己判断で服用しないようにしてくださいね。

 

服用する人の体格や体質などが薬と合っていない場合、期待していた効果が得られなかったり副作用がでてしまったりすることがあります。

 

「ナイシトールは漢方が主成分だから安心」と思わないようにしましょうね。

 

 

<ナイシトールはどのような人に向いているのか>
ナイシトールはもともと肥満症を改善するために作られた薬です。

 

医薬品に分類されるため、肥満症に高い効果が期待できます。

 

体の中に蓄積された老害物や害のあるものを体の外に排出し、とくにお腹の周りの脂肪を落としてくれます。

 

肥満症であり、病気にならないように脂肪を落としたいという人に向いている薬です。

 

ナイシトールは高いダイエット効果が期待できますが、副作用の心配があります。

 

肥満症ではなく、ただ見た目をキレイにしたいという人は副作用が少ないダイエットサプリメントを選ぶことをおすすめします♪

 

>>イージースムージーグリーンの取扱い店舗なし!?【販売店舗まとめ】

このページの先頭へ